何を使うの?酸洗いに使用する道具

界面活性剤などで汚れを落とす

金属加工時に発生した錆やスケールなどを取り除くための酸洗いは、酸だけでなく複数の道具や設備を使うために、大量の錆などを落としたい時には企業を頼る必要があります。錆を酸洗いで落とす際には酸の濃度や温度を調整する必要があり、錆が付着している金属の種類によって温度の設定は変わります。抑制剤も使用しながら金属の状態を調整しなければ、金属にダメージを与えてしまう可能性があるのも、専門家の技術力が必要とされる理由の一つです。汚れが残らないように界面活性剤も使用して、表面が綺麗に仕上がるように専門家は丁寧に作業を行ってくれます。大がかりな設備を使用する事になるので、自力で作業を行うのではなく専門家を頼ってください。

汚れに合うブラシを選択する

大量の錆を落とす必要がある酸洗いを行う際には、作業員の皮膚にダメージを与えないように、大きなブラシを使用して安全に作業が進められます。ブラシの長さは20cmほどになる事もあり、金属に傷をつけないように柔らかい素材を使っている事も多く、繊細な技術が必要とされます。素人が酸洗いを行おうとすると力を込めすぎてしまい、金属に傷がついて酸が広範囲にダメージを与える可能性もあるために、大きな錆を落としたい時にはプロの技術力を頼ってください。ケレンなどを使って表面の汚れを優しく落とし、錆が目立たないように加工する事で、金属の表面にツヤを出せます。新品のように美しい金属を作り出したい時にも、酸洗いを専門家に依頼する事を推奨します。

酸洗いの一種であるリン酸処理は金属製品に灰色を基調としたシックな色合いを持たせることができます。落ち着いた雰囲気を持たせたり、目立つ光沢を付けたくない時に便利です。

© Copyright Health Benefits Of Pickles. All Rights Reserved.