酸洗いには数多くのメリットがある!

歪みが発生することなく、均一に処理ができる

酸洗いは、金属を酸性溶液に浸漬する処理方法です。目的としては、表面に付着している錆びや油分、酸化被膜などの不純物の除去や、メッキや塗装加工の下処理などがあげられます。この他、金属が酸性溶液に溶解するという特徴を利用し、ミクロン単位での寸法調整や、切削した金属の切り口や角、表面の粗さを滑らかにするために行われることもあります。この処理方法は、濃度を目的に応じて調整した酸性溶液に、適切な時間浸漬するだけなので、物理的な力が加わっていないため、歪みが発生することがありません。また、機械や手の届きにくい微細な溝や凹凸のあるもの、表面積の広いものも溶液に浸せば、すみずみまで溶液が入り込み均一に洗浄や下処理が可能です。

コストが安くシンプルな方法で大量の処理が可能

酸洗いは、電解研磨や化学研磨などの他の処理方法と比較しコストが安いのが特徴です。これは、濃度を目的に応じて調整した酸性溶液に適切な時間浸漬するだけというシンプルな処理方法であり、かつ設備も単純な構造のもので対応可能であるためです。また、大量の金属を一度に処理するのに向いており、ランニングコストも安くすみます。さらに、複雑な工程が必要ないため、溶液濃度と浸漬時間さえ最適化されていれば人件費も抑えることが可能です。酸性溶液の取り扱いに注意し、換気や排水処理にも気を配らなければならないのでその分のコストはかかりますが、それらのコストを考慮したとしても、酸洗いは、金属の表面処理の中ではとても経済的な処理方法の一つです。

金属製品の洗浄やコーティング加工を目的として行う酸洗作業は危険な薬剤を使うので、徹底した安全管理が不可欠です。保護具の着用や作業場の換気など、有害な成分に触れるのを防ぐ工夫が必要になります。

© Copyright Health Benefits Of Pickles. All Rights Reserved.